BRANU BLOG

「カッコいい人を育て、カッコいい会社をつくる」を掲げるブラニュー株式会社の日常を、六本木の中心にあるオフィスから発信します。

2016/07/21

産学協同の一環として東京デザイナー学院インテリアデザイン科のみなさんがオフィス見学に来ました!


当社で運営している、インテリア情報やDIYアイデアを発信するメディア「CRASIA」。
その繋がりで、東京デザイナー学院インテリアデザイン科の方々がオフィス見学に来ました!

今回の目的は、インテリアデザイン科入学予定者の方々に当社のオフィスデザインを見ていただき、インテリアデザインとは何なのかを学んでもらうといった産学協同の一環。

休日ということで社内を歩き回ってもらったり、実際に使ってもらったりと自由に見学していただきました。

リラックススペースに置いてあるビーズクッション。座り心地がいいと好評でした!


気になる場所は写真でパシャリ。ぜひインテリアデザインの資料として役立ててください!

学生さんたちの注目を集めていた「CRASIA」用の撮影&作業スペース。最近ミシンを導入しました。


講師の方がインテリアデザインのポイントを解説。オフィスを見るなり、デザインのコンセプトやその効果を学生さんに教えていたのはさすがの一言。






・黒板やホワイトボードなど「書く」場所が多い。
デスクにパーティションを設けていない。
打ち合わせスペースが豊富にある。

ということから、面と向かったコミュニケーションを大切にするオフィスデザインという総評でした。


オフィスデザインは、会社の雰囲気を表現したりブランディングに繋げたりするためのものではなく、動線設計や視覚効果、色覚効果などを駆使して業務効率を向上させることも考えなくてはならない。とのこと。

普段、実際にオフィスを使っている私たちも「言われてみれば確かに」と、初めて気づかされることもたくさんありました。さまざまな仕掛けを施しつつも、それを意識させることなく効果を発揮させ、かつビジュアルとしての完成度も追求する。インテリアデザインって奥が深い……。そんな仕事を目指す、未来のインテリアデザイナーたちと最後に記念撮影!
学生さんだけでなく私たちにとっても、とても勉強になった1日でした。

東京デザイナー学院インテリアデザイン科とは、今年の10月に開催される「東京デザインウィーク」で、インテリアデザインとプロジェクションマッピングを組み合わせた展示ブースを出展する予定です。

その様子も報告しますので、次回の更新をお楽しみに!