BRANU BLOG

「カッコいい人を育て、カッコいい会社をつくる」を掲げるブラニュー株式会社の日常を、六本木の中心にあるオフィスから発信します。

2016/04/26

親指を使ったゲーム「チッチーノチッ」の正式名称はなんて言うんだろう? 打ち上げパーティで起こった賞金争奪戦!






 Grand Design 7 ブラニュー株式会社決算説明会 ブラニュー史上最大の人数が集まりました。」

六本木ヒルズでの決算説明会「Grand Design 7」も無事終わり、打ち上げのため青山へ移動。

そして「Roy」というお店にやってきました。南青山のイタリアンレストランで、普通のマンションの地下にある隠れ家的なお店。ドラマの打ち上げによく使われているようで、高級感の中にも開放感があっていいですね。




調度品にもかなり気を使っている様子、細部にこだわりが感じられます。




まずはビールで乾杯、決算説明会が終わり皆和やかな雰囲気で談笑。




ヴァイツェン型のグラスによく冷えたプレミアムモルツ、不味い訳がない。




胃がだんだん目覚めてきました。





お酒が入り、会話も弾みます。






僕も部署を超えた交流をするために様々なテーブルへ足を運びます。





このテーブルは女子会のような様相を呈し、他のテーブルと違った魅力を感じました。
よし、このテーブルで落ち着こう!そう決めてバーカウンターに行き、お酒を手に取って戻ると……。








※クリックで拡大

少しろれつの回らない口調のT田、普段なら生バンドの演奏などに使われるのであろう神聖なステージへ、足元をふらつかせながらマイクを持って登壇する暴挙。




「えー、皆さんお疲れ様です」




「…なんかしゃべり始めたぞ」




「突然ですが、ここで一体感を出す為に皆でゲームでもしませんか?」





「…………」




「もちろんタダとは言いません!」





「…………ゴクゴク」





「ゲームに勝った人には今日頂いた賞金20万円差し上げます!」




「モグ……えっ?




「に、20万?」



「…………ブウウウウン」





「シャキーン」




「頂こう、その20





Heyメ~~ン、俺っちも参加するよ~~30万頂き
いや20万です。


という訳で始まりました!20万円争奪チッチーノチッ大会



T田マネージャーの一言でいきなり始まった賞金争奪ゲーム。





ルールはいたって簡単。テーブルごとに親指を使ったゲーム、「チッチーノチッ」をします。そして勝ち抜いた者1人が決勝テーブルへと進む、極めてシンプルなルール。




皆さん、結構本気モード。




笑いもあるのですが、目はかなり真剣でした。




そこかしこから「チッチーノチッ」という掛け声と一緒に悲鳴と歓声が聞こえてきます。ところでこのゲームの正式名称ってなんて言うのでしょうかね、地方ごとに違うみたいです。





そして勝ち上がった者たち。





「お金はいただくわよ」



「やっべー、マジ欲しいっす」




「ニジュウマン」
目が逝ちゃってますね。





2組に分かれて勝者を決めます。勝ち上がった者が決勝で1vs 1の勝負!「チッチーノチッ」





まず1人目の勝ち上がり、業務部O原。上司の前だろうが、社長の前だろうが構わず「お金が欲しいです、むしろお金しかいらない」と強気のコメント。




そして2人目はエンジニアのS谷!産休からの復活、母は強し。





決勝のテーブルに座る2人。





20万掛けた最後の勝負です。





まず先手を取ったのは業務部O原。





すかさず「2」をコールするS谷。





こちらもやり返しイーブンへ。





同点で盛り上がる観客をよそにS谷に話しかけるO原。
O原「私、指あげませんので……」と言い放ち心理戦に持ち込むも……。





「チッチーノ、イチッ!」





「……」




「チッチーノ……」





「ゼロッ!」





「!!!!!!」





「!!!!!!」





「!!!!」





「……」



















































こうして夜は夜らしくいつも通りに更けていった、ただここでない他のどこかでも同じように戦いに敗れた者はいるでしょう。そして同じように勝者もいる事でしょう。


勝者S谷!
おめでとうございます!